育毛剤を使えばそれで万事安心なのか?

髪が薄くなってきた時にまず考えるのが、手軽に使える育毛剤を使って髪を増やそうというのがあります。ですが、実際には育毛剤を使えばそれで髪が復活すると思ってはいけないです。

なぜなら、同じ育毛剤でも医薬品と医薬部外品とがあって髪が育つかどうかも全く効果が違うからです。

特にこれまで医薬部外品の育毛剤を使ってきて髪に全く良い変化がなかった時は迷わずに医薬品の育毛剤を使うのがおすすめです。

医薬部外品と医薬品をの違いをあまり気にしていない人もいますがそこは全く違うという事を知っておくのが大事です。

なぜなら医薬品というのはそもそも臨床試験を経て目的の効果があった事が確認されたから医薬品になっているというのがあるからです。

ですから、医薬部外品の育毛剤と医薬品の育毛剤を同じとは思ってはいけないです。医薬部外品の場合は育毛剤という名前で売り出してはいますが、実際に髪が生えたという事が証明されてはいないです。

ですが、髪に良いと思われる成分が使われているので育毛剤として売られているという程度の認識で使わないといけないです。

そこを間違った認識で使っても思ったような効果がなくてがっかりする事になるので気を付けないといけないです。

医薬品の育毛剤を使っていればそれで良いのか

またいくら医薬品の育毛剤を使っても思ったように髪が生える効果を感じられない事もあります。それはあまり短い期間の使用で効果があるかどうかを判断しようとするというのがあるからです。

そこの判断を間違って使用しても良い事はないのでせっかく医薬品の育毛剤を使うなら最初から3か月は継続して使う事を決めておくのが良いです。

それで髪が増えるかどうか決まると言っても過言ではないです。

【参照記事 https://ikumoufirst2018.com/

育毛剤を使う時と発毛剤を使う時の違いとは

そして育毛剤を使った方が良い場合と発毛剤を使った方が良い場合というのがあります。

では実際に育毛剤を使った方が良い場合とはどういう場合かというと、髪を今よりも長く太く成長させたい時に使うのがおすすめです。

その場合は発毛剤を使う必要はないです。この場合は髪がないわけでないので発毛剤を使う必要がないからです。

ですがすでに髪がなくなっていて成長させる事ができない状態なら発毛剤を使って髪を生やす必要があります。

つまり薄毛初期の段階の人が使うのが育毛剤であってかなり進行してしまった人は発毛剤を使う必要があるという事を意識しておかないといけないという事です。